ごあいさつ

 学校の若葉も芽吹き、新たなる未来への希望と期待が膨らむ季節となり、杭州日本人学校は13回目の春を迎えました。

 私は昨年4月より本校第5代校長として着任しております村山貞雄(むらやまさだお)と申します。

 令和2年度(2020年度)のスタートは思いがけず例年とは大きく異なるものとなりました。子どもたちはもちろん、保護者の皆様もご心配そしてご不安な日々をお過ごしのこととお察し申し上げます。

 新型コロナウィルス感染症の影響により、新年度の始業が約2週間遅れとなりました。また、日本国外務省が発出する感染症危険情報レベルが中国は3(渡航は止めてください)になったことに加え、日本から中国への入国制限(発給済み査証の停止等)が発令されたこともあり、一時帰国をした子どもたちが杭州に戻ってこられなくなり、さらには新たに着任する教員が赴任できなくなってしまいました。

 このような非常時ですが、これまでと変わることなく杭州日本人学校の宝物である「未来に羽ばたく杭州っ子」たちが「笑顔で登校 笑顔で下校」できるように、教職員とともに切磋琢磨しながら全力で取り組んでまいります。

 杭州日本人学校は、中国の七大古都の一つであり、かつて呉越国の都(58年間)、南宋の都「臨安府」(140年間)として繁栄した悠久の歴史と伝統と文化に満ち溢れたこの『杭州』に2008年(平成20年)4月18日に設立されました。当時は、リーマンショックなど金融危機の時代でもあり、厳しい経済状況下であったにもかかわらず、「未来に羽ばたく杭州っ子」たちの成長を願う大いなる出発でありました。

 在上海日本国総領事館のご支援の下、杭州商工クラブが設置者となり、歴代杭州日本人学校運営委員長をはじめ蕭山日商クラブの皆様のご理解と協力を得て、今日の杭州日本人学校が発展してまいりました。また、歴代PTA会長ならびに保護者の皆様の「教育」に対する熱き心情とご支援の結晶でもあります。

 2017年度には幼稚部の設置が中国政府から正式に認可され、幼稚部年中・年長、小学部6学年、中学部3学年という幼・小・中の連携を活かした教育環境が整備されたことは心から喜ばしいことであります。

 開校13年目を迎える今年度も、本校の教育目標「志高く夢を抱き、自らの力で生き方を切り拓く園児児童生徒の育成」を具現化した様々な教育活動を通して、「杭州っ子の笑顔あふれる学校」の実現のため、教職員が「ONE TEAM(ワン・チーム)」になり、力を合わせ精一杯取り組んでまいります。

 今後とも学校応援団として、本校の教育振興のためにご支援とご協力をお願い申し上げます。

令和2年(2020年)4月

杭州日本人学校

校長 村山貞雄

本校の概要

 杭州日本人学校は、日本国政府の海外子女教育政策に基づき、杭州商工クラブによって設置され、杭州日本人学校運営員会が主体となって運営する教育施設であると共に、中国政府によって認可された私立学校です。

学校設置の目的

 杭州日本人学校は中国杭州市及び周辺に在住する日本国籍を有する子女に対して、日本国憲法、教育基本法など教育関係法令及び文部科学省が示す学習指導要領に準拠し、心身の発達に応じて初等・中等教育を施すことを目的としています。

本校の教育理念

(1)日本国内における教育の機会均等の精神に則り、義務教育として保障されている教育内容を提供します。

  • 日本語を母語(母国語)として、日本における義務教育と同等の教育を行います。
  • 日本の学習指導要領に従い、文部科学省認定の国内と同じ教科書を使用しています。
  • 帰国した時は、日本在住時の転校と同じ扱いで編入され、高校進学も日本在住時と同じ資格を保障されています。

(2)児童生徒が帰国をした時、どのような転入先、進学先にも対応できる確かな学力を身につけると共に、日本国内の進路状況を的確に踏まえた進路相談を行います。

(3)日本の伝統文化など日本人としての自覚と誇りを培う教育に力を入れると共に、海外で暮らす利点を生かし、現地理解教育など国際色ゆたかな教育内容の充実を図ります。

(4)児童生徒の安心・安全を第一に考え、環境整備及び安全管理体制の充実を図ります。

  • 海外に設立する学校なので、安全と衛生を重視した建設と運営を行います。
  • 校舎を塀より隔離し、この間を監視カメラと高圧線および警備員の組み合わせによる監視システムを構築し、校門一箇所で入出管理をしています。

(5)児童生徒の教育を司ると共に、広く杭州日本人社会の生活文化に寄与する活動及びコミュニティー中核施設としての機能の充実を図ります。

学校教育目標

 『志高く夢を抱き、自らの力で生き方を切り拓く園児児童生徒の育成』

校訓

 『切磋琢磨』

施設の概要

(1)規模 総敷地面積23,432平方メートル 総建築面積5,846平方メートル(二階建て、体育館含む)

(2)教室、その他の施設

  • 一般教室10室 廊下側にはワークスペース・小教室があり、外窓側にはテラスやバルコニーがあります。
  • 特別教室として、図書室、多目的室、美術室、技術室、PC室、家庭科室、理科室、音楽室等があります。
  • その他、保健室、放送室、進路指導室、資料室、応接室、体育館等があります。
  • 屋外設備として、200mトラック、サッカーグラウンド、テニスコート、フットサルコートなどがあります。

学級編成

 幼稚部(年中、年長)、小学部6学年、中学部3学年。(小中一貫教育校なので、1年生〜9年生と呼びます)

教育課程について

 日本国内と同様に、小学校・中学校学習指導要領に基づいたカリキュラムで実施します。それに加えて、国際社会をたくましく生き抜くコミュニケーション力育成の観点から、全学年、毎週1時間の中国語の時間、及び、15分×30回程度の中国語会話・英語会話の活動を取り入れます。

年間の行事について

 「文化的行事」「健康安全・体育的行事」「遠足・集団宿泊行事」のバランスのとれた年間行事を計画しています。

《主な行事予定》

  • 儀式的行事…入園式、入学式、始業式、卒業式、卒園式、修了式
  • 文化的行事…学習発表会、書き初め会
  • 健康安全・体育的行事…定期健康診断、発育測定、避難訓練、交通安全教室、歯磨き教室、運動会、水泳学習
  • 遠足・集団宿泊的行事…宿泊体験学習、修学旅行、歓迎遠足、お別れ遠足
  • 児童生徒会行事…児童生徒集会、七夕集会、節分集会

休日について

 労働節休業、国慶節休業、夏季休業、冬季休業、春節休業、春季休業(2020年度予定)

ランチ

 学校として給食の実施はしておりません。PTAが委託する業者によるランチの注文を行なっています。

服装

 特にきまりはありませんが、華美でなく、活動のしやすい服装でお願いします。

校歌