学校紹介

ごあいさつ

西湖

 満開に咲き誇っていた校庭の桜も今や若葉が芽吹き、新緑が目にまぶしい季節へと移り変わろうとしています。

 私は本年4月より、愛知県名古屋市から着任いたしました本校第5代校長の村山貞雄(むらやまさだお)と申します。杭州日本人学校の宝物である「未来に羽ばたく杭州っ子」たちが、「笑顔で登校 笑顔で下校」できるように、教職員とともに切磋琢磨しながら全力で取り組んでまいります。

 杭州日本人学校は、中国の七大古都の一つであり、かつて呉越国の都(58年間)、南宋の都「臨安府」(140年間)として繁栄した悠久の歴史と伝統と文化に満ち溢れたこの『杭州』に2008年(平成20年)4月18日に設立されました。当時は、リーマンショックなど金融危機の時代でもあり、厳しい経済状況下であったのにもかかわらず、「未来に羽ばたく杭州っ子」たちの成長を願う大いなる出発でありました。
 在上海日本国総領事館のご支援の下、杭州商工クラブが設置者となり、歴代杭州日本人学校運営委員長をはじめ蕭山日商クラブの皆様のご理解と協力を得て、今日の杭州日本人学校が発展してまいりました。また、歴代PTA会長ならびに保護者の皆様の「教育」に対する熱き心情とご支援の結晶でもあります。
2017年度より幼稚部の設置が中国政府から正式に認可され、幼稚部年中・年長、小学部6学年、中学部3学年という幼・小・中の連携を活かした教育環境が整備されたことに対しましては心から喜ばしいことであります。

 今年度、本校は開校12年目を迎えます。また、「平成」最後の年度であり、5月からは新しい元号「令和」となります。新元号「令和」には「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。また、梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように」との願いの意味が込められています。杭州日本人学校の子どもたちも、幼稚部から小・中学部の皆が心を寄せ合い、一人一人が希望の花を咲かせられるよう、教職員一丸となって支援をしてまいります。
 今後とも学校応援団として、本校の教育振興のためにご支援とご協力をお願い申し上げます。

 平成31年(2019年)4月

杭州日本人学校
校長 村山貞雄

 


本校の概要

学校名 杭州日本人学校(英文名:Hangzhou Japanese School)
日本での位置づけ 日本政府より在外教育施設としての認定を受けた私立学校

(中学部卒業時に中学校を卒業したものとみなされ、日本の高校に進学する資格を有することができる。)

中国での位置づけ 中国政府の認可を受けた私立学校
設立年月日 2008年4月18日
設立者 杭州商工クラブ
運営主体 杭州日本人学校運営委員会
運営委員長 成瀬 隆洋
所在地 杭州市杭州経済技術開発区白楊街道集賢巷9号
TEL 0571-86877769
FAX 0571-86913903
E-mail master@hzjschool.com
ホームページ http://www.hzjschool.com
設置学年 小学1年生から中学3年生まで(1から9年生)/幼稚部(年中・年長)
児童生徒数 小・中学校40人(平成31年4月現在)、幼稚部12人

校 訓

  • 「切磋琢磨」

教育目標

  • 「志高く夢を抱き、自らの力で生き方を切り拓く児童生徒の育成」

本校教育活動の特色

  • 小中一貫教育の推進
  • 二学期制による指導と評価の充実前期  4/1~9/30後期 10/1~3/31
  • 少人数を生かした個に応じた指導の充実
  • 実社会とのかかわりを重視した教育活動の充実
  • 五感を通して体得する教育活動の充実
  • 帯時間を活用した外国語活動(中国語・英語)の実践
  • 現地理解教育など国際性豊かな教育活動の充実

学校校歌

動画を再生するにはvideoタグをサポートしたブラウザが必要です。

動画が表示されない場合は校歌をダウンロードしてください。


年間行事

  • 始業式、入園式、入学式(4月)
  • 歓迎遠足(4月)
  • 体力テスト(5月)
  • 修学旅行(5月、6・8年)
  • 宿泊体験学習(5月、3~5年)
  • 運動会(9月)
  • 学習発表会(11月)
  • お別れ遠足、卒業式、卒園式、修了式(3月)


PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Reader(無料)が必要です。

最新版をダウンロードしてご利用ください。